外壁塗装で快適【ミラクルエクステリアで住みよい我が家】

工事

解体工事を任せる

解体

住宅を解体するときの問題点

たまたま通りかかった町で解体工事をしているときがあります。黄色い大きな重機が止まっており、警備員が交通誘導をしている場面を見たことがある人も少なくないでしょう。歩道を歩くときには少し邪魔に感じるはずです。一方車に乗っていたら片側通行になっており、急いでいるときには邪魔に感じるはずです。ですが、逆の立場に立つこともあります。たとえば自分が住む築35年の住宅も老朽化してきており、住宅を建て替える場合は、当然今ある建物を解体しなければなりません。もし、あまり人通りの多いところではない場所に住宅があるのであれば警備員を配備数必要はりませんし、重機や工事車両の駐車するところもそれほど気にならないはずです。ですが、狭い日本では、隣の家まで何十メートルも離れている田舎などを除けば、多くの場合車の通りや人通りもあるはずです。

解体工事をする家主の心得

そのような場所で解体工事をすることになった場合は、少なからずご近所迷惑になる恐れもあります。また、家の前の道を通りかかる人や車に迷惑をかけてしまうこともあります。特に都会はだれがそこを通るかわかりませんし、解体作業の振動や音、解体時の粉じんで迷惑をかけてしまうこともあります。そこで、解体工事が決まったら、最低限近所にはあいさつ回りをするようにしましょう。ご近所には解体工事をする旨を告げてそのおおよその期限も伝えなければなりません。できればお菓子などを持っていくと印象もよくなるでしょう。現場監督があいさつ回りをする場合もありますが、その時同行できれば同行しておくべきです。あいさつ回りは多少面倒ですが、後から無用なトラブルが起きるよりも何倍もよいはずです。